観光地巡りより今のオキナワに触れてもらう沖縄旅行!

観光地巡りより今のオキナワに触れてもらう沖縄旅行!

イマドキの飲食・雑貨店巡りを楽しむ!(那覇市内編)

ゆいレール各駅を目安に、お目当ての店にたどり着くのは思った以上に簡単です。那覇では、牧志公設市場近くの浮島通りと壺屋やちむん通りはやはり外せないエリア!浮島通りには一人でも本格的な食事が夜遅くまで楽しめるところが点在しています。雑貨や服のスポット展示を行っているところも多く、お目当てのものが見つかればラッキー、サプライズな出会いも期待できます。独自デザインを元に、だけどオキナワらしいファブリック雑貨を展開している店では、他に類を見ない品々が所せましと飾られています。大事な人へのお土産を求めるのも良いですが、自分自身へのご褒美土産をゲットしてみては?陶器・焼き物で知られる壺屋やちむん通りでは、自窯作品を使っての飲食を提供する店がグンと増えました。料理との組み合わせが陶器の良さを一層引き出し、自宅で使うイメージがより掴めるようになったと好評です。

イマドキの飲食・雑貨店巡りを楽しむ!(沖縄全土編)

那覇市以外で注目されているエリアは、コザ・読谷村・北中城村・浦添市港川地区などです。しかも一日でこれらを周遊することもレンタカーなら可能です。飲食店では素材にこだわるカフェや沖縄そば、定食屋が増えており、大勢のスタッフが切り盛りしているところよりも単独もしくは夫婦で経営しているところが目立ちます。我が家に戻ってきたかのようにスリッパに履き替えるところも多く、旅行者にとってはホッとできる時間が持てるはず。雑貨店併設のところでは、料理が出来上がるまでの時間は雑貨選びに夢中になれそうです。庭付き戸建の店ならば是非とも外へ出てみましょう!鳥のさえずりが耳に優しく、南国特有の湿り気と穏やかな風があなたを包み込むはずです。このようなところで共通して言えることは、何もかも綺麗に揃えてスタートするより、家具や雑貨をリノベーションしながら、今もなお現在進行形でマイショップ造りに励んでいること。その一つひとつがオリジナリティあふれて魅力的、お気に入りの店はリピートしたいけど他も気になり、旅行中にうれしい悩みが発生しそうです。

沖縄流「温故知新」を確かめにサクッと旅に出よう!

自然を身体いっぱいに感じられる沖縄を象徴するがごとく、身体に触れたり口に入るものは、よりもっと優しく取り入れようとする潮流をここ最近は大きく感じます。例えば、近年の沖縄住宅では積極的に取り入れられなかった漆喰の壁と木造に再び注目、目にも肌にも優しい店造りを果たしたところなどは、観光客ならずとも県民からも熱い注目を浴びています。素材にこだわった沖縄そばの出汁や具はシンプル勝負、また伝統料理は美味しさを踏襲しつつアレンジ、定食やワンプレートにて品数多く供されたりと、いわばこれらがイマドキの沖縄流「温故知新」!そこに沖縄に住む人たちならではの人懐っこさ、ホスピタリティが加わると本当に旅行者にはたまりません!これらのマインドが意外や意外、年配の県民からも支持されており、これからの沖縄の様変わりにはますます目が離せそうにありません。

沖縄旅行を格安で行くには、オフシーズンに行くことと平日に行く方法があります。どちらもシーズン中や休日に行くよりも格安で行くことができます。